日本ではセカンドから紹介されたが、これはザ・ポーグスの1984年のデビュー作。全13曲中5曲がトラディショナルで、今よりもパンクとカントリーの色合いが渾然一体となっている。しかし、哀愁と隣合わせのハチャメチャ大騒ぎの魅力はすでにはっきりとある。原石のきらめきだ。

 ・ amazon : Red Roses for Me

 ・ amazon : 赤い薔薇を僕に

 ・ Google Play Music : The Pogues 01. Red Roses for Me (1984) : 赤い薔薇を僕に

 ・ Spotify : The Pogues 01. Red Roses for Me (1984) : 赤い薔薇を僕に

ディスク:1
1. Transmetropolitan
2. The Battle Of Brisbane
3. The Auld Triangle
4. Waxie’s Dargle
5. Boys From The County Hell
6. Sea Shanty
7. Dark Streets Of London
8. Streams Of Whiskey
9. Poor Paddy
10. Dingle Regatta
11. Greenland Whale Fisheries
12. Down In The Ground Where The Deadmen Go
13. Kitty
14. The Leaving Of Liverpool
15. Muirshin Durkin
16. Repeal Of The Licensing Laws
17. The Band Played Waltzing Matilda
18. Whiskey You’re The Devil
19. The Wild Rover