多くの意味で、クラッシュ初のアルバムのほうが、『Never Mind the Bollocks–Here’s the Sex Pistols』よりも、パンク精神にあふれている。どうしてか? それはこのアルバムが『The Ramones』同様、劣悪な地下室で録音されたように聞こえるからであり、ジョー・ストラマーとミック・ジョーンズによる曲はピストルズの曲よりも、あの栄光の歓喜に満ちた年のロンドンのストリート・ライフをずっと近く感じさせてくれるからだ。『The Clash』について評価が高いのは、過激なポップと言うよりもそのコンパクトなリフと痰が絡むようなストラマーの咆哮に対してだ。「White Riot」、「Career Opportunities」はイギリスでの時を超えた、若さ、退屈、怒りについての曲。「Police and Thieves」は、ぎこちないが、奇妙にも効果的なジュニア・マーヴィンのクラシックのカバー。US盤に追加されたシングル曲、特に「White Man in the Hammersmith Palais」はパンクのクラシックだ。失業手当の列がこれほど強烈にアピールすることは2度とないだろう。(Barney Hoskyns, Amazon.com)

 ・ amazon : 白い暴動

 ・ レコチョク Best : The Clash 01. The Clash (1978) / 白い暴動

 ・ Google Play Music : The Clash 01. The Clash (1978) / 白い暴動

 ・ Spotify : The Clash 01. The Clash (1978) / 白い暴動

1. Clash City Rockers
2. I’m So Bored With The U.S.A.
3. Remote Control
4. Complete Control
5. White Riot
6. White Man In Hammersmith Palais
7. London’s Burning
8. I Fought The Law
9. Janie Jones
10. Career Opportunities
11. What’s My Name
12. Hate And War
13. Police And Thieves
14. Jail Guitar Doors
15. Garageland